夜景遺産HOMEへ
HOME > 九州 > 福岡タワー展望台
夜景遺産を探す
 
  エリアで探す
   
  タイプで探す
自然夜景遺産
施設型夜景遺産
ライトアップ
夜景遺産
歴史文化夜景遺産
 
メールマガジン
 
日本夜景遺産事務局では、メルマガ会員を募集しています。
  詳しくはこちらから
  すぐに登録
   
 
iPad夜景アプリ「世界夜景旅行」が登場!App Store総合ランキング1位獲得セール開催中!
1989年竣工。シーサイド百道のシンボル。海浜タワーとしては日本一。全長234m。地上123mの展望室から望む雄大な光景は、今や福岡エリアを代表する景観。
福岡市内はもちろん博多湾や福岡市街、遠方の島々まで視界に入る。発展し続ける住宅街の明かりも見どころのひとつ。夜景を眺めながらの食事も可能。展望室から見える夜景だけではなく、外側からの「見られる夜景」「街を構成するライトアップ」の部分も意識している。タワー展望室まで続く108mの吹き抜け空間を利用した、季節ごとのライトアップ(天の川・クリスマスツリー・バレンタイン)もそのひとつ。また、平成11年に開業10周年を記念して、通常のタワーライトアップを大幅にリニューアルしている。福岡市在住の照明デザイナー・松下美紀氏の監修のもと、従来とは違う手法でライトアップされたタワーは、昼間とはまた違った姿を見せるようになった。
  福岡タワー展望台(ふくおかたわーてんぼうだい)。
  福岡県福岡市。
福岡都市高速道路百道ランプからすぐ。地下鉄西新駅から徒歩15分。
2008.11.13更新
近くの宿を探す
knt!夜景の達人おすすめホテルはこちら
夜景遺産について
 
  夜景遺産について
  活動内容
  夜景遺産認定プロセス
  夜景遺産認定基準
  新規認定地推薦書
  企画背景
  賛同企業・団体
  夜景評論家 丸々もとお
 
夜景資源について
夜景を守るために

夜景検定
YAKEI-EX
夜景評論家・丸々もとお
丸々もとおのスーパー夜景サイト
knt!×丸々もとお 夜景の達人
イルミネーション検定