夜景遺産HOMEへ
HOME > 中国 > 鷲羽山
夜景遺産を探す
 
  エリアで探す
   
  タイプで探す
自然夜景遺産
施設型夜景遺産
ライトアップ
夜景遺産
歴史文化夜景遺産
 
メールマガジン
 
日本夜景遺産事務局では、メルマガ会員を募集しています。
  詳しくはこちらから
  すぐに登録
   
 
iPad夜景アプリ「世界夜景旅行」が登場!App Store総合ランキング1位獲得セール開催中!
鷲羽山は、その山容が鷲が羽を広げて海に羽ばたく姿から名付けられた。瀬戸内海国立公園内。児島半島の最南端に位置し、瀬戸内海の多島美と瀬戸大橋を見下ろす絶好のビューポイント。
標高133mの山頂からは360度のパノラマが展開。一帯には「鷲羽山ビジターセンター」、「第2展望台」、「展望東屋」、「展望テラス」などがあり、ほとんどの施設は瀬戸内海の多島美、瀬戸大橋への眺望を生かすために設計、設置されている。「鷲羽山第2展望台」からは、下津井瀬戸大橋はもちろん、釜島、松島などの絶景が楽しめる。鷲羽山ビジターセンター」は、山頂の真下に位置し、展望テラスがあるが、閉館時間が早いため夜景鑑賞は難しい。昼間においては、鷲羽山自然研究路としてモデルコースが設定されている。東京からの旅行ツアーコースに入ることもある。
  鷲羽山(わしゅうざん)。
  岡山県倉敷市。
瀬戸中央自動車道・児島ICから車で約10分。
2004.8.19更新
近くの宿を探す
knt!夜景の達人おすすめホテルはこちら
夜景遺産について
 
  夜景遺産について
  活動内容
  夜景遺産認定プロセス
  夜景遺産認定基準
  新規認定地推薦書
  企画背景
  賛同企業・団体
  夜景評論家 丸々もとお
 
夜景資源について
夜景を守るために

夜景検定
YAKEI-EX
夜景評論家・丸々もとお
丸々もとおのスーパー夜景サイト
knt!×丸々もとお 夜景の達人
イルミネーション検定