夜景遺産HOMEへ
HOME > 北信越 > 新潟日報メディアシップ そらの広場
夜景遺産を探す
 
  エリアで探す
   
  タイプで探す
自然夜景遺産
施設型夜景遺産
ライトアップ
夜景遺産
歴史文化夜景遺産
 
メールマガジン
 
日本夜景遺産事務局では、メルマガ会員を募集しています。
  詳しくはこちらから
  すぐに登録
   
 
iPad夜景アプリ「世界夜景旅行」が登場!App Store総合ランキング1位獲得セール開催中!
2013年、新潟日報が創刊70周年を迎えるにあたって、記念事業の一環として建設された、新社屋を含む多機能複合型ビル。高さ105m地上20階建てで、曲線が美しい新潟の新たなランドマークとなっている。
最上階の20階には、ガラス張りで開放感のある360°展望回廊 「そらの広場」がある。新潟市中心市街地活性化の一旦も担い、県民にも親しんでもらえるよう、中空庭園テラス、展望フロアも自由に出入りできるエリアとして設けている。新潟を代表するランドマークの数々が一望できる贅沢なスポットで、新潟の夜景を楽しむ新たな観光スポットとして賑わっている。

営業時間:8:00〜23:00
料金:無料
  新潟日報メディアシップ そらの広場(にいがたにっぽうめでぃあしっぷ そらのひろば)。
  新潟県新潟市。
磐越道新潟中央ICから車で約20分、新潟駅万代口から徒歩約10分、新潟駅万代口バスターミナル各番線から新潟交通の路線バスで「新潟日報メディアシップ」下車すぐ
2017/07/26更新
夜景遺産について
 
  夜景遺産について
  活動内容
  夜景遺産認定プロセス
  夜景遺産認定基準
  新規認定地推薦書
  企画背景
  賛同企業・団体
  夜景評論家 丸々もとお
 
夜景資源について
夜景を守るために

夜景検定
YAKEI-EX
夜景評論家・丸々もとお
丸々もとおのスーパー夜景サイト
knt!×丸々もとお 夜景の達人
イルミネーション検定