夜景遺産HOMEへ
HOME > 九州 > 国宝・大浦天主堂
夜景遺産を探す
 
  エリアで探す
   
  タイプで探す
自然夜景遺産
施設型夜景遺産
ライトアップ
夜景遺産
歴史文化夜景遺産
 
メールマガジン
 
日本夜景遺産事務局では、メルマガ会員を募集しています。
  詳しくはこちらから
  すぐに登録
   
 
iPad夜景アプリ「世界夜景旅行」が登場!App Store総合ランキング1位獲得セール開催中!
1865年、長崎市南山手地区の丘の上に建てられたカトリックの教会堂。西坂の丘で殉教した26聖人の魂をなぐさめるために殉職地に向けて造られ、約250年にわたり身を潜め信仰を守り続けた「信徒発見」の奇跡の舞台として知られる。
内部空間の主要部には創建当初の姿が保存されている。ステンドグラスは、一枚一枚に歴史が刻まれて、荘厳な色合いを見せている。ライトアップされる大浦天主堂は、白亜の幻想的な光景が神秘的で、異国情緒が漂い、天主堂周囲の樹木の緑色とのコントラストも美しい。稲佐山方面の高台から眺めても、長崎の夜空に屋根の尖塔を突き立てる姿がシンボリックである。

営業期間:無休
公開時間:8:00〜18:00(受付は17:45)
拝観料:大人600円、中高生400円、小学生300円
  国宝・大浦天主堂(こくほうおおうらてんしゅどう)。
  長崎県長崎市。
長崎駅から路面電車で15分「大浦天主堂下」下車徒歩5分 、「グラバー園入口」停留所下車5分
2017/07/26更新
夜景遺産について
 
  夜景遺産について
  活動内容
  夜景遺産認定プロセス
  夜景遺産認定基準
  新規認定地推薦書
  企画背景
  賛同企業・団体
  夜景評論家 丸々もとお
 
夜景資源について
夜景を守るために

夜景検定
YAKEI-EX
夜景評論家・丸々もとお
丸々もとおのスーパー夜景サイト
knt!×丸々もとお 夜景の達人
イルミネーション検定