夜景遺産HOMEへ
HOME > 九州 > 八面山
夜景遺産を探す
 
  エリアで探す
   
  タイプで探す
自然夜景遺産
施設型夜景遺産
ライトアップ
夜景遺産
歴史文化夜景遺産
 
メールマガジン
 
日本夜景遺産事務局では、メルマガ会員を募集しています。
  詳しくはこちらから
  すぐに登録
   
 
iPad夜景アプリ「世界夜景旅行」が登場!App Store総合ランキング1位獲得セール開催中!
八面山は大分県中津市三光地区の南部にそびえる標高659mの卓状溶岩台地で、中津市の中心市街地からは10kmほどの距離に位置する。中津市を代表するシンボルであり、その名称は四方八方どの方向から見てもほぼ同じ形に見えることから「八面山」の名がついたとされる。
市民の八面山に対するその愛着や想いは強く、中津出身者が帰郷の際、車窓から八面山が視野に入ると故郷に帰ってきたという安堵感で涙するほどで、朝夕仰いで暮らしてきた市民にとって「母なる山」でもある。抜群の眺望を誇る夜景名所で、八面山の中腹に建つ宿泊・研修施設「ふるさと回想館 八面山荘」は駐車場もあり、夜景鑑賞に最適な視点場であり、その展望デッキからは、誰でも夜景鑑賞を楽しむことができる。200m近い標高から望むパノラマは、市街地の光群が海岸線に沿って伸びやかに広がっている。また、夜桜ライトアップやイルミネーションなど夜景との競演も魅力のひとつである。

時間:終日開放
料金:無料
住所:大分県中津市三光田口3572番地4 ふるさと回想館八面山荘
0979-43-2608
問い合わせ先:大分県 中津市役所 三光支所 総務課 地域・教育振興係
0979-43-2050
  八面山(はちめんざん)。
  大分県中津市。
【車】東九州自動車道「中津IC」から中津日田道路に乗り換え「三光下秣IC」で下車、約10分
【電車、バス】JR日豊本線「中津駅」から路線バス田口線に乗り、バス停「八面山荘」で下車(中津駅からの所用時間は約50分)。
2016/08/01更新
夜景遺産について
 
  夜景遺産について
  活動内容
  夜景遺産認定プロセス
  夜景遺産認定基準
  新規認定地推薦書
  企画背景
  賛同企業・団体
  夜景評論家 丸々もとお
 
夜景資源について
夜景を守るために

夜景検定
YAKEI-EX
夜景評論家・丸々もとお
丸々もとおのスーパー夜景サイト
knt!×丸々もとお 夜景の達人
イルミネーション検定