夜景遺産HOMEへ
HOME > 東海 > ぎふ長良川鵜飼
夜景遺産を探す
 
  エリアで探す
   
  タイプで探す
自然夜景遺産
施設型夜景遺産
ライトアップ
夜景遺産
歴史文化夜景遺産
 
メールマガジン
 
日本夜景遺産事務局では、メルマガ会員を募集しています。
  詳しくはこちらから
  すぐに登録
   
 
iPad夜景アプリ「世界夜景旅行」が登場!App Store総合ランキング1位獲得セール開催中!
毎年5月11日〜10月15日までの期間中、一部を除き毎夜行われる岐阜の夏の風物詩。長年の歴史を誇り、県重要無形民俗文化財に指定されている。鵜飼とは伝統装束に身を包んだ鵜匠がと声をかけながら、10〜12羽の鵜を見事な手縄さばきで操り、鮎を捕る(日本の)伝統漁法。
通常は1回の鵜飼だが、納涼鵜飼日(主に夏休みの土曜日)は2回鵜飼が行われる。漆黒の闇に赤々と燃え盛る篝火が川面に映り、タイムスリップしたような幽玄の世界へと誘う。なお5月11日の鵜飼開きは、鵜飼安全祈願祭と岐阜市鵜飼観覧船造船所で作られた新造船の命名式が行われる。その後、太鼓の演奏に見送られて次々と観覧船が川へと漕ぎ出して行く。市民参加のイベント等、踊り子による踊り船の運航や花火の打ち上げなども催される。

開催期間:5月11日〜10月15日
※中秋の名月及び増水等で鵜飼ができない日は中止。
料金:乗合船 大人3300円/小人2900円 ※コースにより変動、貸切船あり
住所:岐阜県岐阜市湊町1-2
岐阜市鵜飼観覧船事務所
058-262-0104
  ぎふ長良川鵜飼(ぎふながらがわうかい)。
  岐阜県岐阜市。
JR岐阜駅または名鉄岐阜駅から岐阜バス長良橋経由路線で15分。バス停「長良橋」下車、徒歩1分。
2012/08/01更新
近くの宿を探す
knt!夜景の達人おすすめホテルはこちら
夜景遺産について
 
  夜景遺産について
  活動内容
  夜景遺産認定プロセス
  夜景遺産認定基準
  新規認定地推薦書
  企画背景
  賛同企業・団体
  夜景評論家 丸々もとお
 
夜景資源について
夜景を守るために

夜景検定
YAKEI-EX
夜景評論家・丸々もとお
丸々もとおのスーパー夜景サイト
knt!×丸々もとお 夜景の達人
イルミネーション検定