夜景遺産HOMEへ
HOME > 関西 > 通天閣
夜景遺産を探す
 
  エリアで探す
   
  タイプで探す
自然夜景遺産
施設型夜景遺産
ライトアップ
夜景遺産
歴史文化夜景遺産
 
メールマガジン
 
日本夜景遺産事務局では、メルマガ会員を募集しています。
  詳しくはこちらから
  すぐに登録
   
 
iPad夜景アプリ「世界夜景旅行」が登場!App Store総合ランキング1位獲得セール開催中!
初代の通天閣が消えて寂しくなった新世界を復興しようとの地元の声をきっかけに、昭和29年に新世界町連合会役員らにより創立事務所を設置。翌年の昭和30年、地元の人々からの出資によって通天閣観光株式会社がスタートし、昭和31年、現在の二代目通天閣が再建された。
最上階は5階。地上87.5メートルに位置し、売店のほか、名物・ビリケン像がある。84メートルに位置する4階も展望フロア。浪速区を中心とした大阪市街地まで遠方までの視野を確保。東には信貴山から天王寺美術館、南東に天王寺駅から天王寺動物園、西に南港からUSJ、六甲山、大阪ドーム、北西に難波や日本橋から梅田まで、北は大阪城のライトアップ、北東に生駒山や四天王寺までが360度眺望可能。眼下に生活の灯が見えるなど、リアルに大阪の夜を体験できる展望台としても貴重だ。通天閣の尖端のまるいネオンは天気予報装置となっており、色の組み合せで明日の天気を知らせてくれる。「初代通天閣がパリの凱旋門とエッフェル塔をくっつけた形をしていた」「通天閣の「通」が、初代の生みの親である土井通夫氏の名前に由来している」「第二次世界大戦下に鉄が不足していたことから解体された」等、数々のエピソードがある。

営業時間:9:00〜21:00(年中無休)。入場は終了時間の30分前(20時30分)まで
料金:大人600円、大学生500円、中高生400円、小人300円 ※団体割引あり。
  通天閣(つうてんかく)。
  大阪市浪速区。
JR環状線新今宮駅下車徒歩10分、地下鉄堺筋線恵比須駅下車徒歩3分、地下鉄御堂筋線動物前駅下車徒歩10分、阪堺電軌阪堺線恵比須駅下車徒歩3分、市バス地下鉄恵比須町下車徒歩3分
2010.8.5更新
近くの宿を探す
knt!夜景の達人おすすめホテルはこちら
夜景遺産について
 
  夜景遺産について
  活動内容
  夜景遺産認定プロセス
  夜景遺産認定基準
  新規認定地推薦書
  企画背景
  賛同企業・団体
  夜景評論家 丸々もとお
 
夜景資源について
夜景を守るために

夜景検定
YAKEI-EX
夜景評論家・丸々もとお
丸々もとおのスーパー夜景サイト
knt!×丸々もとお 夜景の達人
イルミネーション検定