夜景遺産HOMEへ
HOME > 九州 > 長崎ランタンフェスティバル
夜景遺産を探す
 
  エリアで探す
   
  タイプで探す
自然夜景遺産
施設型夜景遺産
ライトアップ
夜景遺産
歴史文化夜景遺産
 
メールマガジン
 
日本夜景遺産事務局では、メルマガ会員を募集しています。
  詳しくはこちらから
  すぐに登録
   
 
iPad夜景アプリ「世界夜景旅行」が登場!App Store総合ランキング1位獲得セール開催中!
長崎在住の華僑の方々が中国の旧正月(春節)を祝うための行事として、昭和62年から「春節祭」として長崎新地中華街を中心に行われきたが、平成6年から規模を拡大。「長崎ランタンフェスティバル」として、長崎の冬を彩る一大風物詩となった。長崎新地中華街はもとより、浜市・観光通りアーケード等の市街中心部にランタン(中国提灯)が飾られ、湊公園をはじめとする各会場には、大型オブジェが飾られている。
湊公園会場には、毎年の干支にちなんだメインオブジェが設置され、2009年は高さ8mにも及ぶ「金牛」だった。その他、「龍船・鳳凰船」「七福神」など大型オブジェも新たに登場した。期間中、各会場では龍踊り、中国雑技、中国獅子舞など、中国色豊かなイベントが15日間繰り広げられる。鮮やかな色、ユニークな形態のランタンにより、街のあちこちが極彩色に光輝く様は異国情緒溢れる夜景の極みで、ライトアップのみならず歴史文化ライトアップ遺産としての価値も高い。
 新地中華街のエリアの一部では、ランタン(提灯)の装飾に使用される白熱電球を電球型蛍光ランプに切り替えて、CO2の排出量の削減に取り組んでいる(2009年)。2007年には、期間中に過去最高の92万人が来場したという。
  長崎ランタンフェスティバル(ながさきらんたんふぇすてぃばる)。
  長崎県長崎市。
各会場へは、長崎電気軌道(路面電車)の電停よりアクセス。湊公園会場・中央公園会場周辺は交通渋滞するため、コミュニティバス「らんらん」や長崎電気軌道を利用。 (徒歩で各会場をゆっくり周遊すると約2時間)
2009.6.17更新
近くの宿を探す
knt!夜景の達人おすすめホテルはこちら
夜景遺産について
 
  夜景遺産について
  活動内容
  夜景遺産認定プロセス
  夜景遺産認定基準
  新規認定地推薦書
  企画背景
  賛同企業・団体
  夜景評論家 丸々もとお
 
夜景資源について
夜景を守るために

夜景検定
YAKEI-EX
夜景評論家・丸々もとお
丸々もとおのスーパー夜景サイト
knt!×丸々もとお 夜景の達人
イルミネーション検定