夜景遺産HOMEへ
HOME > 東北 > 花輪ばやし
夜景遺産を探す
 
  エリアで探す
   
  タイプで探す
自然夜景遺産
施設型夜景遺産
ライトアップ
夜景遺産
歴史文化夜景遺産
 
メールマガジン
 
日本夜景遺産事務局では、メルマガ会員を募集しています。
  詳しくはこちらから
  すぐに登録
   
 
iPad夜景アプリ「世界夜景旅行」が登場!App Store総合ランキング1位獲得セール開催中!
皮投嶽(標高1112m)の山麓に位置する幸稲荷神社(さきわいいなりじんじゃ)は1204年の創建と伝えられ、古来より近郷近在の信仰を集めてきた。花輪ばやしはこの幸稲荷神社の産土の神へ奉納される祭礼ばやしとして脈々と受け継がれている。平安時代末期に伝わったとされる笛の曲に、後に摺り鉦、太鼓、三味線が加えられるようになり現代にいたる鹿角の代表的な民俗芸能。
日本三大ばやしのひとつである花輪ばやしは県の無形民俗文化財にも指定。8月19日と20日の2日間にわたって花輪の街は、華やかに彩られ、意匠をこらした金箔総漆仕上げの屋台と、熱気あふれるお囃子との、みごとな競演がくりひろげられる。闇夜にゆらめく絢爛豪華な屋台と、夜を徹して鳴り響くお囃子は、東北の短い夜をゴージャスかつ優美に演出してくれる。
  花輪ばやし(はなわばやし)。
  秋田県鹿角市。
東北自動車道鹿角八幡平ICまたは十和田IC。JR花輪線・鹿角花輪または十和田南駅下車。
2008.11.13更新
近くの宿を探す
knt!夜景の達人おすすめホテルはこちら
夜景遺産について
 
  夜景遺産について
  活動内容
  夜景遺産認定プロセス
  夜景遺産認定基準
  新規認定地推薦書
  企画背景
  賛同企業・団体
  夜景評論家 丸々もとお
 
夜景資源について
夜景を守るために

夜景検定
YAKEI-EX
夜景評論家・丸々もとお
丸々もとおのスーパー夜景サイト
knt!×丸々もとお 夜景の達人
イルミネーション検定