夜景遺産HOMEへ
HOME > 東北 > 秋田竿燈まつり
夜景遺産を探す
 
  エリアで探す
   
  タイプで探す
自然夜景遺産
施設型夜景遺産
ライトアップ
夜景遺産
歴史文化夜景遺産
 
メールマガジン
 
日本夜景遺産事務局では、メルマガ会員を募集しています。
  詳しくはこちらから
  すぐに登録
   
 
iPad夜景アプリ「世界夜景旅行」が登場!App Store総合ランキング1位獲得セール開催中!
秋田竿燈まつりは「ねぶり流し」と呼ばれる真夏の病魔を流しさる行事が変化したもので、蝋燭が普及したといわれる宝暦年間、お盆に門前に掲げた高灯籠が稲穂をイメージした竿燈の形に姿を変え、独自の行事に発展したものと言われる。
東北を代表する夏祭りのひとつ、秋田竿燈まつりは8月3日から6日にわたって開催される。竿燈には「幼若」「小若」「中若」「大若」があり、大若になると長さ12m、重さ50kg、46個の提灯からなる。竿燈大通りでは修練を重ねた男たちがこの竿燈を手、額、肩、腰などを使って自在に操り、様々な妙技を披露してくれる。「どっこいしょーどっこいしょ」のかけ声でおびただしい数の竿燈が揺れる様は、風に吹かれる黄金色の稲穂を彷彿とさせ、夜空はちょうちんの柔らかくノスタルジックな光に包まれる。フォトコンテストも開催される。
  秋田竿燈まつり(あきたかんとうまつり)。
  秋田県秋田市。
秋田自動車道・秋田中央IC。JR秋田新幹線・秋田駅下車。
2008.11.13更新
近くの宿を探す
knt!夜景の達人おすすめホテルはこちら
夜景遺産について
 
  夜景遺産について
  活動内容
  夜景遺産認定プロセス
  夜景遺産認定基準
  新規認定地推薦書
  企画背景
  賛同企業・団体
  夜景評論家 丸々もとお
 
夜景資源について
夜景を守るために

夜景検定
YAKEI-EX
夜景評論家・丸々もとお
丸々もとおのスーパー夜景サイト
knt!×丸々もとお 夜景の達人
イルミネーション検定