↑

SPOT

夜景遺産認定地

きょうかいいるみねーしょん

教会イルミネーション

ライトアップ夜景遺産 / 九州・沖縄

新上五島町は長崎県五島列島中通島・若松島と周囲の有人島5島、無人島60島を町域とする町であり、2004年に有川町・上五島町・若松町・新魚目町・奈良尾町の5町が合併して誕生した。

INFORMATION

新上五島町は長崎県五島列島中通島・若松島と周囲の有人島5島、無人島60島を町域とする町であり、2004年に有川町・上五島町・若松町・新魚目町・奈良尾町の5町が合併して誕生した。中通島と頭ヶ島は1981年に頭ヶ島大橋によって結ばれ、中通島と若松島は1991年に若松大橋によって結ばれた。新上五島町には300年にもおよぶキリシタン禁教令下の弾圧に耐え、信者たちが浄財を捧げて造った教会がある。今もなお信仰を守り続けてきた人々の生きてきた証とされ、全国的にも珍しい石造りの頭ケ島天主堂(国指定重要文化財・世界遺産暫定リスト)やレンガ造りの青砂ケ浦天主堂(国指定重要文化財)をはじめとして29に点在。長崎の教会群は建築学的に見ても特徴的で、多くの教会は外国人神父の指導による西洋の様式技法と鉄川与助など日本人大工棟梁の伝統的技術に基づく創意工夫によって建設された。西洋と東洋の建築文化が見事に融合した実に多様な展開と、高い造形意匠の達成を随所に見ることができる。内部装飾には椿の模様を取り入れるなど地方的特徴もあり、世界的に珍しい独特な構造物群遺産だ。これらの教会29ヶ所ほとんどが12月初旬から1月初旬までの約1ケ月間、信徒手作りのイルミネーションで彩られる。島の教会に飾られたイルミネーションは星が舞い降りてきたかの輝き、それによって島の人たちはクリスマスの訪れを実感する。そのほかにも毎回、会場となる教会を変えながら6教会を舞台としたクラシックコンサートなども開催。またクリスマスが近づくと、イエスキリストのご降誕の情景をあらわした「馬小屋」が設置され、イルミネーションと同様に各教会で工夫を凝らした趣深く夜の教会が出現する。

DATA

教会イルミネーション
きょうかいいるみねーしょん
長崎県新上五島町
船:長崎港より高速船で90分「鯛ノ浦港」着/75分「奈良尾港」着。
佐世保港より高速船で80分。
開催期間:毎年12月初旬〜1月初旬
営業時間:教会により異なる
料金:無料
http://official.shinkamigoto.net/
最近チェックしたスポット